沿革

1992年 株式会社阪急百貨店の情報システム部から分離、独立、株式会社ウイズシステムを資本金1億円で設立。UNIXを中心としたシステムインテグレーション事業を開始
1994年 パソコンを中心としたクライアント/サーバー型のシステムインテグレーション事業を開始
1998年 株式会社阪急百貨店のPC/POSシステムを構築
1999年 JR東日本商業開発株式会社の立川駅前「グランデュオ」において店舗統合管理システムを構築
中国大連市に100%独資の大連唯知計算機系統有限公司を資本金100,000米ドルで設立
2000年 株式会社阪急百貨店のDWH(商品・顧客)を構築
2004年 財団法人日本情報処理開発協会から「プライバシーマーク」を取得
2005年 株式会社JR東日本ステーションリテイリングの「エキュート大宮」「エキュート品川」において店舗統合管理システムを構築
2008年 株式会社阪急阪神百貨店のシステム統合対応
2009年 株式会社阪急阪神百貨店の脱ホストコンピュータ、オープン化対応
2010年 株式会社京阪百貨店 基幹業務システムのオープン化対応
2011年 データ分析ソリューション「With POS Quick」「With 便利だ!Quick」「With CRM Quick」の販売開始
2013年クラウド対応グループウェア商材として「desknet's NEO」の取扱(販売から導入支援まで)を開始
2015年オンプレミスビジネスチャットシステム「ChatLuck」の取扱(販売から導入支援まで)を開始
2016年情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得